忍者ブログ
スタッフのこぼれ話
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

岩田デンタルクリニックのブログへようこそ

衛生士の野澤です


今日は朝は雨だったのに、お昼間はとっても天気がいいですネ

天気のいい日にはどこかへ足を運びたくなっちゃいます

さて、先日ですが岩田デンタルクリニックの商品ディスプレイに新製品が仲間入りしました

これです


1abf576e.JPG










甘味料としてキシリトールを配合したのタブレッットです。

また、歯質を強くするリン酸カルシウムも配合されています。

パッケージがDisneyキャラクターのスティッチです。

イチゴ味とリンゴ味の2つの味が楽しめます

タブレットなのでガムを噛めないお子様やもちろん大人の方にもオススメです




キシリトールって聞いたらスーパーやコンビニなどで売ってるガムが頭に浮かぶのでは??


砂糖の場合、糖をミュータンス菌(虫歯の原因菌)が分解し発酵させて酸を作り出します。その酸によって歯のエナメル質が溶かされて虫歯ができます。

同じ甘味料でもキシリトールの場合、ミュータンス菌は虫歯のもととなる酸が発生しません。
しかもキシリトールを菌体内に取り込んだミュータンス菌は、エネルギーを消耗して活性が弱まるのです。
さらにキシリトールを長期間使用することで、ミュータンス菌の繁殖が弱まって砂糖からも酸を生産しにくくするのです。

岩田デンタルクリニックではキシリトールを有効に使っていただくために


正しい食生活

適切な口腔内清掃

フッ素の使用

プラス

キシリトールを食事やおやつの後には必ず噛む

キシリトールを寝る前に必ず噛む

キシリトールは長期間続けて使用する

ことをすすめています。


キシリトールを使用する際の注意として・・・

一度に多量に摂取すると、体質によりおなかがゆるくなることがあります。

また、キシリトールが入っていれば何でも歯に良いとはいえません。虫歯予防・歯質強化効果を得るためには、甘味成分の半分以上がキシリトールでないといけません。

正しく使用していればキシリトールは虫歯から私たちを守ってくれます


キシリトール配合の商品として他にも


36522556.JPG








クリアミント・アップルミント・マスカット味のガム(ラミチャックタイプ)


61a8129f.JPG








マスカット・アップルミント(ボトルタイプ)

を置いています

ちなみに

43ba36a3.JPGdfd81598.JPG








このコはガムのパッケージにいる「キラピー」です

かわいいでしょ






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
お天気情報
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[07/16 のざ]
[07/15 よぴ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
IwataDentalClinic
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]